• やっぱり運動するのが一番だと痛切に感じた

    今までいろいろなダイエットを試してみましたが、やっぱり続かないのが現実です。

    そこでいろいろ考えて、ネットなどで調べて行っている方法があります。

    まず太る原因は自分の摂取したカロリーよりも消費するカロリーが少ないからです。

    という事は、もっと自分に筋肉をつければ勝手にカロリーを消費してくれると思いました。

    そこで今でもやっている事を教えます。

    筋肉には、速筋と遅筋があるのですが太りにくい体にするには遅筋を鍛えた方が効果があると思います。

    そこで自宅で誰でも簡単にできる運動が腹筋、腕立て伏せ、スクワットです。

    私はウォーキングを10?15分してから、軽く柔軟体操をして腹筋、腕立て伏せを各10回(3セット)をします。

    10回終わったら1分休むといいです。

    そして最後にスクワットですが、これにも秘密があります。

    普通にやるのではなくゆっくりと一回に7?9秒位の時間をかけてやるのです。

    これも10回(3セット)です。

    大事なのは毎日ではなくてもいい事です。

    筋肉は疲労したら休ませる事が大事です。

    ですから私は1回やったら3日休みます。

    週に二回程度で効果が出ます。

    これを始めたおかげで2年以上今の体重を維持できています。

    やっぱり食事制限は大変ですから運動するのが一番だと思います。

    最後に運動してるからと言っても食べ過ぎたら意味がありません。

    皆さんも試してみて下さい。
    内臓脂肪を落とすためにできることは?

  • バザーで好きなおもちゃを選ばせたら

    今日は近所の保育園でバザーがありました。

    子どもたちを連れてお出かけです。

    2つまでは好きなものを選んでいいからね、と伝えて好きなように選ばせることにして中に入ると、まず入り口近くにおもちゃコーナーがありそこで物色をする2人。

    小さい子向けのおもちゃが多かったからか、長女はあまり気に入ったものがなかったらしく、すぐに奥に行ったのですが、長男は興味津々。

    いろいろと手に取ってみていると思ったら、「ぼくこれがいい!」と突然叫びました。

    長男が指さしたその先を見ると、大きなキッチンセット。

    好きなものを選んでいいよ、とは言ったけれどまさかの大きさにびっくり。

    さすがに置く場所がないので、「ちょっと大きすぎるから他の物にして~」と別のもので気を引きました。

    アンパンマンのおもちゃが気に入ってくれて楽しそうに遊んでいたので、よしよしと思っていても、時々そのおもちゃに近づき「欲しいな~」と・・・

    大きすぎてなかなか売れなかったみたいで、最後の方まで残っていて、かなり値段は下がってきていたけど、使わなくなったときの処分のことを考えると買えませんでした。

    来年からは、ちゃんと大きさの指定もして、好きなものを選ぶように伝えないとですね。

  • てんとう虫と寝ていました

    今朝起きてびっくりしたことがあります。なんと、てんとう虫が布団にくっついていたんです。しかも元気に動いていたんで余計にびっくり。寝相悪いのによく無事だったなと。虫は大の苦手なんですけど、さすがにてんとう虫はそう怖くは感じなかったので、ティッシュでつまんで外に離してあげることにしました。ところが、なかなかティッシュにしがみついて離れようとしないんですよね。窓でなんどもティッシュを振ったのですが、驚くほど掴む力が強い。まあ、最終的には外に離せたんですけど、朝からドキドキしました。なんか、暖かくなってきて、よく虫が家の中に入るようになってきました。あの、虫が部屋の壁とかにトントン当たる音、あれはかなり恐怖です。明かりに集まってくるみたいなので、夕方になったら早めに雨戸を閉めるようにしています。涼しい風を通したいから本当は網戸を開けておきたいんですけど、しかたないですね。冬はそんなことは全然なかったので、やっぱり暖かくなると虫たちも元気になるんだなと思いました。リバイブラッシュの効果について解説

  • 家を綺麗にすると良いことがおきますね!

    休日に、いつもは行き届かない部分までしっかり綺麗にしようと意気込み、朝早くから掃除を始めました。
    不要品を捨てて、ソファのカバーやカーテンを洗って、窓のサッシも綺麗にして…とやっていく内に勢いがついてしまい、台所の流しの上にある戸棚の片付けまで初めてしまいました。この上の棚は手が届きづらいので普段は物を出し入れしたりしません。一度そこに物を仕舞ったらめったに取り出すことはない、我が家のブラックホールなのです。
    しかしこの際、使わない物はどんどん捨てようとイスに乗って棚を整理しました。出てくる出てくる、使いもしないキッチン用品。弁当箱や食品収納用のプラケース、子供達が小さい頃使っていた水筒、頂き物の食器等々。
    一番奥に箱に入ったままのカップがありました。箱は開封してあったので一旦チェックしてみると…。なんと中に3万円入っていたのです!
    ビックリしました。そういえば数年前、へそくりをそのカップにしまって箱に入れ上の棚に隠したんです!なぜかすっかり忘れていたのです。もちろんものすごく嬉しかったです!別に実際は得したわけではないんですがラッキーな気分です。「早起きは3万の得だ〜」とひとり家で叫んだ休日でした。
    お洋服でも買っちゃおうかな?使い道を考えてウキウキしています。

  • 小さい時から行っていた眼科が辞めてしまうらしい

    残念なことを聞いてしまいました。小さい時からお世話になっている小さな町の眼科が閉院してしまうらしいんです。どうやら先生がもうお年だからみたいです。

    残念でなりません…。そこは本当に昔ながらのお医者さんで、待合室も診察室もまるで時が止まったかのような懐かしさがあったからです。

    看護師さんたちも昔からずっとおなじひとたちで、すごく親切で明るくて気持ちがいいひとたちばかりなんです。気軽に患者さんと世間話したりして、それが嫌な感じじゃなくて、普通な光景なんです。いま、そういう病院ってないですよね。

    コンタクトにする時とか、目のことで不安なところがあった時、あと、最近だとものもらいになった時にお世話になりました。他の眼科にも行ったことがありますが、かなり違いがはっきりと確認できました。

    患者さんのことを考えてくれていて、不安をあおるようなことも言わない。こんなお医者さん、もういないかもな…なんて思うと、これからどの眼科にいけばいいのやら…と途方にくれてしまいます。でも、こんな名残おいしいと思えるほどの眼科の先生や看護師さんたちに出会えたことは幸せなことですよね。